閉じる

国産牛肉の生産履歴

個体識別番号から遡って、国が定める牛個体識別台帳を検索することで、出生の年月日、品種、雄雌の別、管理者の氏名、飼 養施設の所在地など、該当する一頭一頭の情報が詳しく得られます。

生産履歴の確認方法

個体識別番号がわからない場合

お買い求めいただいた牛肉のラベルに、「個体識別番号」の記載がなく、「お問い合わせ番号」と記載されている場合があります。
この場合、まずは「お問い合わせ番号」をもとに、「個体識別番号」を検索をお願いいたします。
「個体識別番号」が検索できたら、下記の「個体識別番号が分かる場合」をご覧いただき、生産履歴をご確認ください。

お問い合わせ番号とは
加工センターでは毎日複数頭の牛をパック肉として集中加工製造をおこない、ミニピアゴの各店舗に出荷します。この為、法令に基づき、加工製造単位での管理番号を付与し、管理します。
この番号が「お問い合わせ番号」です。

個体識別番号を調べる

個体識別番号がわかる場合

お買い求めいただいた牛肉のラベルに「個体識別番号」が記載されている場合、独立行政法人 家畜改良センターのホームページから牛肉の生産履歴を検索してご覧いただけます。

個体識別番号とは
独立行政法人 家畜改良センターが一括管理する日本国内の牛に関しては、生後一頭一頭「黄色の耳標」により個体番号を付けて登録されます。
その個体番号は、出生・飼養時から店頭に陳列されるまでの履歴を管理する「個体識別番号」となります。

生産履歴を検索する